サイトメニュー

できる部位に適したケア法

顔に触れる女性

体にリスクがないから人気

即効性では手術による除去でしょうが、見た目重視となる部分にできるいぼに関していえば、その他の治療法が選ばれています。市販の治療薬も含めれば手軽に使えて、効果も認可されている内服薬が人気です。その中でも、ジワジワと人気を集めるのは漢方薬で、体の中からキレイになれる天然由来成分として評判です。特に、顔いぼにコンプレックスを抱える女性から圧倒的に支持されています。塗り薬ならばイボコロリが定番ですが、しかし顔には不向きで、その理由は、高い効果を謳うだけあってサルチル酸という成分は刺激が強く、いぼ以外の肌荒れの懸念があるからです。角質を柔らかくする作用があり、皮膚が厚い部分のいぼ取りに最適です。整形手術以外の方法でせっかく小さくなったり除去できても、肌荒れをしてしまっては本末転倒、そのためにスキンケアも重要視できる内服薬(漢方薬)が人気化しているということです。特に【はと麦】はサプリメントにもなっていたり、化粧水、食事にも用いられる万能さがウケています。即効性はないにしても、顔は見た目の問題もあるため、長い目でみれば肌荒れも改善でき、いぼ取りもできる効果的な方法なのです。

いぼ除去として認知されているのは、レーザー治療や液体窒素による手術です。整形手術にもバリエーションは増えていますが、大概はこの2択です。液体窒素にかかる費用は、いぼの数で異なり、一概にはいえないものの1個あたり数十円から数百円です。50個以上というように大量の除去手術であれば、電気メスも液体窒素でも1万円からが手術費になります。ですが現実問題、手術で除去となると、初めてにしてはハードルが高いようです。そこで評判となるのが、美容皮膚科などで販売しているドクターズコスメやサプリメント、フードなどを入手する方法です。体に摂取するもの、塗るものをとことんこだわっている専門医が手がけています。特に、顔いぼ対策にははと麦がおすすめされています。お茶、化粧水、サプリメント、それぞれ体に良い影響を与えるものばかりです。肌の老化はいずれ老人性いぼの発生に繋がる、こうした意見を述べる医師もいるほどです。免疫力低下によりウイルス抵抗に弱くなれば、ウイルス性も誘発する可能性も少なからずあります。お茶なら千円程度から、サプリメントならば3ヶ月ほどの服用量で3千円から5千円が市場相場です。医療機関ならば保険適用ですから5千円からが相場になります。