サイトメニュー

整形で顔の悩みを改善する

医者

顔を綺麗にする治療

整形クリニックにはいぼを切除する治療法があり、患部の大きさや盛り上がり方で施術の内容を選択します。整形クリニックで行われている施術は、メスでいぼを切る施術と、電気メスを使用して蒸発させる施術などがあります。盛り上がりがある場合や、小さなものに対しても電気メスを使う施術が最適で、ダウンタイムも短いことが特徴です。1回あたりの治療時間そのものは数分で完了するために、事前にカウンセリングを受けておけば施術当日は時間はかかりません。痛みに敏感な人ならば医者に伝えておくことで、局所麻酔をすることで痛みを感じなくできます。治療を行った部分は2週間ほどかさぶたができますが、徐々に剥がれ落ちていって綺麗な状態に回復します。メスを使用する切除方法は、多くの場合で1回でいぼを取り除くことが可能です。切除したときは縫合を行うために、施術を受けてから1週間後に抜糸をします。電気メスを使用した場合と同様に、約2週間で治療を行った部分のかさぶたが取れます。施術をしてから数か月かけて、いぼがあった部分が回復する治療法です。

電気メスによるいぼ切除の施術は、熱で患部の細胞を焼きます。施術を受けてからすぐはかさぶたが出来ますが、それが取れる頃には自然の肌色になります。電気メスの施術ならば何度も通院する必要は無く、施術自体は1回で完了します。電気メス以外のいぼ切除術は外科的な手術である切縫法を選択することも可能です。切縫法は主にいぼの大きさが5mm以上のものに行う治療法で、患部の周辺を切開してから縫合を行います。患部の大きさによって2回以上メスで切る場合もありますので、カウンセリングで治療を担当する医者と十分に話し合ってから決めることが大切です。高周波メスを使っている整形クリニックも存在しており、傷が付きにくい方法です。電気メスやレーザー施術よりも高周波メスのほうが安全性が高く、体に優しい点がメリットです。施術を行った後の皮膚の状態をより一層綺麗にする効果があるので、顔のいぼを切除する場合にお肌へのダメージを減らしたい人向けと言えます。どの切除方法も施術そのものに時間がかかることはありませんが、回復までには一定の期間が必要になることを把握しておきましょう。