サイトメニュー

良性なのか確認する

注射器

除去する方法

いぼが邪魔だと感じてしまうこともあるでしょう。今は美容整形外科などでも気軽に除去をすることができるようになっています。しかし中にはいぼだと考えていたものが実は皮膚がんだったということもあるようです。急激に大きくなったり、触った感じがごつごつしているものだったり、数が増えてしまうという場合には、いぼではなく皮膚がんの可能性もあるので、キチンと専門医の診断を受けたほうがよいでしょう。確実にいぼであることを確認した上で施術を受けるとよいです。大きさによっては治療法も変わってくるので、どういう方法で施術を受けるべきなのか、ということもクリニックで相談をするとよいでしょう。出来るだけお肌に負担がかからない方法で施術を受けるということが必要になってくるので、どういう性質のものなのか、確実に良性のものなのかということは確認をしておくべきでしょう。もしも皮膚がんであれば、美容整形外科では対応をすることができないので、がんを専門に治療をしている医療機関を受診しなければいけません。

いぼは良性のものだと定義されています。ですから、そのいぼを除去をしても何も影響が出ないということが前提です。悪性の場合には転移があるかもしれないので、安易に取り除くことはできません。医療機関で確実に良性のものだという判断をしてもらわなければ、除去をすることができません。今は美容外科などで施術を受けることが出来るようになっていますが、施術を受ける前にカウンセリングを受ける必要があります。単純に取り除いただけではなく、お肌もキレイな状態にしてくれる、というのが美容外科や美容整形外科での対応になります。一般の皮膚科でも施術を受けることはできるようになっていますが、一般の皮膚科の場合には施術後のお肌の状態まで気にしてくれないということがあります。施術後のスキンケアに関してもしっかりと対応をしてくれるということがあるので、美容外科や美容皮膚科を受診したほうがよいでしょう。アフターケアに関するアドバイスも受けることができるようになっているので、安心をすることができます。