サイトメニュー

タイプで異なる対処法

医者と看護師

症状が現れた場合は皮膚科の受診を

いぼは様々な要因によって様々な部位に現れる症状ですが、良性のものや悪性のものや形状などの種類も多岐に渡り、それぞれに特徴や対処法があります。基本的に、いぼは皮膚の一部が隆起したり飛び出したりして出来た腫瘍の事を指しますが、大きく分けるとウイルス性か非ウイルス性かに分けられます。加齢と共に出来る、俗に言われる中年いぼは非ウイルス性のケースが多く、紫外線による皮膚の経年劣化などが要因となる軟性線維腫や、脂漏性角化症が代表的です。非ウイルス性の為、感染のリスクはありませんが擦れて炎症を起こしたり、見た目が気になると言うリスクがあります。一方ウイルス性のいぼは、子どもに症状が現れるケースが多く、要因となるのは傷口からのウイルス感染で、足の裏などから感染するパターンが多いのが特徴です。皮膚の状態が正常なケースでは感染の恐れがないのが一般的で、アトピー性皮膚炎の子どもなどが皮膚を引っかく行為で出来た傷口から、感染するケースが多いと言うデータがあります。

いぼにはウイルス性のものと非ウイルス性のものがあり、予防や対処の方法にも違いがありますが、特に注意が必要なのはウイルス性のものになります。全般的に、いぼの症状が現れる大きな要因となる紫外線対策として、直射日光を避ける事や着るものや日焼け止めによって対処する事で、ある程度の予防効果があります。いぼの除去法としては、ハサミを使って切る、皮膚科を受診し液体窒素による冷凍凝固療法やレーザーを使って焼いて除去するなどの選択肢があります。軽微な軟性線維腫の場合にはハサミを使って自分で切除する事も可能ですが、それが基でウイルス感染する可能性などもありますから、皮膚科の受診がベターです。がんの一種である悪性のいぼの見分け方としては、左右が非対称だったり境い目が鮮明ではなく色にムラがある、サイズが大きいなどが判断基準となります。これらに加え、短期間で急激にサイズが大きくなったり数が増えたりするケースの場合には、なるべく早い段階で皮膚科を受診する必要があります。